かめらいど。

フィギュア等の玩具レビュー(主に特撮)・写真撮影に関する記事・その他もろもろ投稿します。

仮面ライダーディケイド2週目①

S.H.Figuarts真骨頂製法 仮面ライダーディケイド
ついに来月の発売となりました。
その前にもう一度ディケイドを見直そうと思いまして全話視聴しました。

ディケイドを見るのはリアルタイム放送時(2009年)以来です。
当時、平成ライダーではクウガ、アギト、カブト~キバは未視聴。
昭和ライダーでは初代(子どもの頃に見ただけなので記憶はない)、ブラック、RX以外未視聴。

平成ライダー全作品、X、アマゾン、ZX、真、J、ZOを視聴した今見ればより楽しめるのではないかと・・・。


見終えた結果、まさにその通りでした。
ディケイドは視聴した作品が多ければ多いほど楽しめる内容になっています。
特にアマゾンの世界はリアルタイムで見ている時は正直意味不明でした。
今見たら神回です。
光栄次郎のモグラ獣人、ともだちのサインの効果音、少年の名前がマサヒコで姉が存在する。
などなど見ていてワクワクする要素だらけでした。
あと、十面鬼のデザイン。
今回見るまでは全く気付きませんでしたが十面の顔が平成ライダー10人の顔になっていたんですね。
「クウガ返し」「ディケイド返し」の意味がわかりました。
(むしろ何故今まで気付かなかったのか疑問なくらい)

ディケイドではオリジナルキャスト以外が演じる事がほとんどですが稀にオリジナルキャストが登場します。
えぇ、物凄いテンションが上がりますね。
特に南光太郎を演じる倉田てつをさん。

「てつをぉぉぉぉおおおおおおおおおおおっ!!!」

失礼しました。取り乱してしまいました。
私が子どもの頃のヒーローですから。
今ではライダー映画にも出演されいますが当時ではありえない事です。
 
キバからは紅渡、紅音也。
更にラットファンガイアまで。
で、忘れていたファンガイアの女王の登場。
キバ未視聴時→「おぉ!園田真理だ!!!」
キバ視聴後→「おぉぉっ!!!深央さん!!!!!」
知らなかったラットファンガイア、忘れていたクイーンの登場はテンションが上がりました。

響鬼からは多数のオリジナルキャストが出演されていますね。
その中で響鬼さんと明日夢くんだけ別人と言うのは違和感がありましたが。
あとは剣から剣崎一真、映画の3ライダーグレイブ・ラルク・ランス。
(余談ですが、フォーティーンが電波少年でチューヤンと共に旅をした伊藤くんだとは知りませんでした・・・。)


サブライダーが登場しない世界がありましたが、
登場しなかったサブライダーはディエンドや鳴滝が召喚して登場しています。
鳴滝召喚ライダーは本人がアテレコされている事も。

龍騎の世界では他のライダーは全て登場しているのに何故か王蛇だけは各世界では登場せず、
響鬼の世界で鳴滝が召喚した際に登場しました。(リュウガは除く)
カブトの世界で登場しなかった兄弟ライダーはクウガの世界で鳴滝が。
カイザはキバの世界で鳴滝が。



ここまで書きましたがまだ書き足りないです。
と言うことで・・・。

次回へ続く。 

仮面ライダークウガBlu-rayBOX1

仮面ライダークウガBlu-rayBOX1
ずっと悩んでいましたが、ついに買ってしまいました。

8ec8753c.jpg

商品名:仮面ライダークウガBlu-rayBOX1
価格:24,624円(税込み)
メーカー:東映
主演:オダギリジョー
2016年1月6日発売


グロンギ語翻訳の字幕。
これはかなり熱いと思います!
あのクウガを高画質で見れる日が来るとは・・・。

東映ビデオのサイトを見ると・・・
SD素材を元にアップコンバートしたHD映像だと言う事です。
ん??
何のこっちゃい・・・。

説明を読むと
クウガの映像自体はハイビジョン対応のカメラで撮影されていたそうです。
しかし、当時のテレビ放送の規格にグレードダウンしてからマスターが制作されて放送していたそうです。
つまりハイビジョン映像をそのまま使用するとなると全49話全てマスター制作を行わなければならない。
莫大な資金が必要なわけです。


そこで、高品位マスタリングシステムと言うものでSD素材の映像をハイビジョン映像に変換したそうです。
映像信号を解析して、色補正・ジャギ・クロスカラーを最大限に除去し(色の幅を広げてノイズを除去したって事ですかね?)、
HD用映像にアップコンバート。

素晴らしい技術です。




とりあえず2話見ましたので現時点でのレビュー?感想?を書いていきたいと思います。

まず映像ですが当然美しいです。
はっきり言ってDVD版クウガが見る気になれないレベルです。

ただ気になる点もあります。
上記に書いた通りSD素材の映像を無理矢理ハイビジョン映像にした為、
時々ですがHDR写真のような映像になっています。
簡単に言えば実写に限りなく近いアニメのような感じです。
ボヤっと浮いているようにも見えますね。

次にCG。
当時(2000年)からCGのレベルは急激に進歩しました。
近年のCGを見慣れてしまっているのもあると思いますが、
映像の美しさとCGのギャップに違和感を感じます。
まぁこれに関しては見る前からわかっていましたが。
しかし、あまりにも美しいCGにしてしまうと
当時の雰囲気が失われてしまうのでこれで良かったのではないかと思います。
(そもそも予算的に無理でしょう。)


マイナス点ばかり書きましたが非常に満足しています。
かなり良い買い物をしました。
グロンギ語字幕もやっぱり良かったです。
グロンギ語翻訳サイトを見ながら本編を見るという面倒な事をしなくて済みますね。

購入を検討されている方、本当に良いと思いますので騙されたと思って買ってみてください!
初回限定のBOXはなくなり次第終了なのでお早めに!


ジオラマ作成

最近はジオラマ作成にハマっています。
基本的にスチロール素材を使用し、主に水性アクリル塗料を使っています。
難しそう・・・とか不器用だから・・・などと言う声も聞きますがそんな難しい事ではありません。

岩や廃墟の壁の作り方を簡単にまとめます。
まず、下地を作りこみモデリングペーストを薄く塗ります。
その上にベースカラーで黒、更にその上にドライブラシで徐々に明るい色を乗せていくだけです。
まぁ基礎中の基礎ですがこれができれば大体できるんじゃないでしょうか?

で、白と黒。
この2色の塗料の減りは異常です。
まとめ買い推奨です。
1本当たりの単価は安いのでまとめ買いしてもそこまで痛くありません。

ラッカー塗料は前知識なしで使用して痛い目に合いました。
厚塗りすると表面だけ乾燥し中が乾燥しにくくなるそうです。
それを知らずに最初から厚塗りしてしまい・・・。
厚塗りすると下地に書いたボールペンのインクも溶けて表面に浮いてきます。
これがまた厄介です。
中々消えてくれません。
薄く塗り乾かし、また薄く塗り乾かす・・・
これを繰り返し行えば問題なくできると思います。

ジオラマ作成にハマりすぎた結果、今はエアブラシの導入まで検討しています。
エナメル塗料を使用したいのですが筆ではムラが怖いです。

エアブラシがあればフィギュアのリペイントも可能になりますね。
今はスミ入れしか手を出せていません。
将来、フィギュアをバラバラに分解して塗装を落として・・・
なんて事をしている自分を想像してしまいます。
 
ジオラマ作成にハマると100均に行くとつい「これは〇〇に使えそう・・・」
みたいにジオラマの事ばかり考えてしまいます。
以前に増して100均に行く回数も増えました。

ジオラマの地面と壁面の固定は磁石を使用しています。
セリアの磁石は小さくて強力なので重宝します。

現在、色々試行錯誤しながら作成していますがこだわり過ぎると大変です。
光を使って遊べるジオラマ。
これが今作成中のジオラマの一つです。
完成はまだ先ですが少しずつ作業を進めていきます。

かめらいど。始めました。

はじめまして、こんばんは。
でじるです。

当ブログは主にフィギュア等玩具のレビュー、撮影に関する記事、
その他もろもろを不定期で更新していて行こうと思っています。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも募集していますのでお気軽にお声をかけて頂けると嬉しいです。



スポンサード リンク
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

プレミアム バンダイ



プレミアム バンダイ



当サイトはリンクフリーです

相互リンクも募集していますのでお気軽にお声かけ下さい。

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード