かめらいど。

フィギュア等の玩具レビュー(主に特撮)・写真撮影に関する記事・その他もろもろ投稿します。

 フィギュア撮影

【フィギュア撮影】基本的なライティング


写真撮影においてライティングと構図は非常に重要です。
今回はライティングの基本的な部分を記事にしました。

わかりやすい様にライトは左側からの1灯のみ。
余計な光が入らないように夜真っ暗な部屋で撮影。
レフ板は白レフのみ使用。
背景に当たる光の調整は行っておりません。
全て同じ設定で撮った撮って出し画像です。
光源はクリップライトのみでストロボは使用しておりません。



まず被写体とライトの位置関係から。

順光    ・・・被写体の正面からの光。
半順光(斜光)・・・被写体の斜め前からの光。
側光    ・・・被写体の横からの光。
半逆光   ・・・被写体の斜め後ろからの光。
逆光    ・・・被写体の背面からの光。


今回、光の高さについては無視します。

スポンサードリンク



  続きを読む

【フィギュア撮影】お風呂DE響鬼


お風呂でシャワーを滝や雨に見立て撮影してみました。
被写体はS.H.フィギュアーツ真骨彫製法 仮面ライダー響鬼

普段の撮影環境をそのままお風呂で再現しました。
(撮影風景は撮り忘れました・・・。)

・ライトはスーパーの袋でくるんで防水対策。スイッチ部分はラップでくるんでカバー。
・カメラのレンズは望遠でなるべく水がかからないように。
・浴槽の蓋が白いのでレフ板に使用。
・塩ビ板をボトムハンガーで挟んでシャワーの根元にひっかけて背景に。

スポンサードリンク




 
続きを読む

【画像加工】仮面ライダーディケイドのオープニング映像を再現


真骨頂ディケイドを手にした時から撮りたかった写真が完成しました。

今回はフリーソフト「GIMP 2」を使用して、この写真の作り方を解説して行きたいと思います。

フィギュアーツ真骨頂製法 仮面ライダーディケイドのレビューはこちら。
GIMP2のダウンロードはこちらから。

スポンサードリンク
続きを読む

【画像加工】GIMP 2を使用して動きのあるエフェクトをかける【初心者向き】


今回は画像加工のフリーソフト「GIMP 2」を使用して
上写真のような動きのあるエフェクトのかけ方を紹介します。

GIMP2のダウンロードはこちらから。

スポンサードリンク
続きを読む

【フィギュア撮影】真骨彫仮面ライダーディケイド


色々撮影しましたので載せていきます。

レビューはこちらから。
オープニング映像再現しました。

スポンサードリンク
続きを読む
スポンサード リンク
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

プレミアム バンダイ



プレミアム バンダイ



当サイトはリンクフリーです

相互リンクも募集していますのでお気軽にお声かけ下さい。

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード